名将クロップは「イタリア」が苦手 意外なデータが明らかに

名将クロップは「イタリア」が苦手 意外なデータが明らかに

イタリアで行われた公式戦で勝利はたった1度

リヴァプールの指揮官を務める名将ユルゲン・クロップの意外なデータが明らかとなった。

クロップ監督のもとで急成長を遂げ、昨季14年ぶりに欧州制覇を成し遂げたリヴァプール。連覇を目指して、17日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループリーグ第1節で、ナポリの本拠地へ乗り込んだ。今季もプレミアリーグで圧倒的な強さを披露している同クラブだが、やはり一筋縄ではいかないのがCLだ。前半から主導権を握り、幾度となく決定機を作るも、相手の粘り強い守備を前になかなかゴールを奪うことができない。そして、試合終了間際の82分、後半アディショナルタイムと、ナポリに立て続けにゴールネットを揺らされ、0-2で敗戦。ディフェンディングチャンピオンが、まさかの黒星スタートを切ることとなった。

ただ、クロップ監督が「イタリア」の地での戦いで苦戦を強いられるのは、むしろ必然だったのかもしれない。データサイト『opta』によると、クロップ監督は2008年10月に行われたUEFA杯1回戦・2ndレグのウディネーゼ戦で2-0の勝利を収めて以降(当時ドルトムントの指揮官)、イタリアのクラブを相手にしたアウェイでの戦いで現在5連敗中とのこと。つまりクロップ監督はイタリアで行われた公式戦で、これまでの監督キャリアで1度しか勝利を収めていないという。

2008年夏に就任したドルトムント、そして2015年10月に就任したリヴァプールで、チームにたくさんの勝利、数々のタイトルをもたらしてきたクロップ監督だが、どうやら「イタリア」が苦手のようだ。苦戦発進することとなったが、リヴァプールはここから巻き返しを図ることができるのか。クロップ監督の手腕に注目だ。

クロップ監督の対イタリアクラブのアウェイ戦績は以下の通り

2008年10月2日 UEFA杯1回戦・2ndレグ(対ウディネーゼ) 2-0
2013年9月18日 CLグループリーグ・第1節(対ナポリ) 1-2
2015年2月24日 CLラウンド16・1stレグ(対ユヴェントス)1-2
2018年5月2日 CL準決勝・2ndレグ(対ローマ) 2-4
2018年10月3日 CLグループリーグ・第2節(対ナポリ) 0-1
2019年9月17日 CLグループリーグ・第1節(対ナポリ) 0-2 



関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索