アジアのスターが100%の状態になってきた 香川真司こそ始まりの“主人公” 

アジアのスターが100%の状態になってきた 香川真司こそ始まりの“主人公” 

スペイン紙が絶賛

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)開幕から5試合を消化し、徐々にレアル・サラゴサで日本代表MF香川真司が100%の輝きを放ち始めてきた。

獲得された当初よりネームバリューは抜群で、サラゴサでは香川フィーバーが起きていた。しかし、コンディションはまだ万全とは言い難いものがあり、開幕から3試合は後半途中にベンチへ退いていた。それでも直近のアルコルコン戦とエストレマドゥーラ戦ではフル出場を記録。エストレマドゥーラ戦ではきっちり得点まで記録しており、徐々に状態が上がってきているのだろう。

地元紙『ElDesmarque』は「香川が調子を整えてきた」と伝えており、試合を重ねてチームメイトとの連携を深めると同時に香川自身のコンディションも上がってきたと注目している。ヒートマップでも当初より幅広くピッチをカバーできているとも評価されており、獲得された際の全ての期待に応え始めているとの大絶賛ぶりだ。

「香川がサラゴサのシーズンの始まりの主人公の1人であることは間違いない。サラゴサのスターはサポーターの注目を集めている」

同メディアはこう称えており、サラゴサの4勝1分の無敗スタートに香川が深く絡んでいるのは間違いない。昇格へ向けてチームも快調なスタートを切っており、この影響力を維持したいところだ。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索