メッシでもロナウジーニョでもない エトーが思う“最高の同僚”とは

選ばれたのは現役Jリーガー

先日22年間にわたる現役生活にピリオドを打ち、現役引退を表明した元カメルーン代表FWサミュエル・エトー。同選手はかつてバルセロナやインテルなどで多くの成功を掴んだ偉大な選手だ。そんな彼がこれまで共にプレイした中で“最高の選手”を明かしている。

それはかつてエトーとバルセロナで共闘し、現在はJリーグ・ヴィッセル神戸に所属するMFアンドレス・イニエスタだ。スペイン『Cadena SER』のインタビューに登場したエトーは「これまで一緒にプレイした中で最高の選手は?」との質問に対して次のように回答した。

「イニエスタさ! 彼は私がこれまで一緒にプレイした中で最高の選手だ。みんなはメッシやロナウジーニョの名前を挙げないことに驚くけどね。彼はチャンピオンズリーグの決勝でマラドーナのようにプレイした。メッシやC・ロナウドに匹敵する選手だと私は思うよ」

また、エトーはイニエスタと同様に最高だった選手として、シャビ・エルナンデスの名前も挙げている。自身に多くのパスを供給してくれた中盤の選手を、彼は大いにリスペクトしているようだ。

世界トップレベルのストライカーだった男が最高の評価を与えるイニエスタ。日本でプレイしている今のうちに、我々はその鮮やかなプレイを目に焼き付けておくべきか。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索