バルサに何があったのか 今夏のうちに考えておくべきだった“監督交代”

バルサに何があったのか 今夏のうちに考えておくべきだった“監督交代”

立ち上がりから躓く

レアル・マドリード指揮官ジネディーヌ・ジダンの立場が危ういのではないかとの話題が広まっていたが、それはバルセロナ指揮官エルネスト・バルベルデも変わらない。21日にはアウェイでのリーガ・エスパニョーラ第5節・グラナダ戦を0-2のスコアで落としてしまい、批判が集中しているのだ。

このゲームでは負傷離脱していたFWリオネル・メッシも復帰したが、事態は好転しなかった。早くも今季リーグ戦で2敗目を喫することになり、チャンピオンズリーグ・グループステージでもドルトムント相手に防戦一方となる苦しい戦いでスコアレスドローに終わっていた。サポーターがこの結果に納得しているはずはない。

スペイン『MARCA』は「この酷いスタートの責任は彼だけのものではないが、大きな理由の1つではある」と伝えており、バルベルデを批判している。そもそも、バルベルデは昨季の時点で手腕が怪しいと指摘されていた。指揮官交代に動くならば、今夏が適切なタイミングだったのだ。

しかし、バルセロナは動かなかった。同メディアは、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長にも責任があると主張しており、続投の判断は間違いだったのかもしれない。

バルセロナは一昨季にローマ、昨季はリヴァプールにチャンピオンズリーグで大逆転負けを喫しており、リヴァプールに敗れた段階でバルベルデ解任を求める声も挙がっていた。同じミスが2シーズン連続で起き、試合中の采配も機能しなかったからだ。チャンピオンズリーグを制するには指揮官を代えるべきとの考えもあったが、結局は3シーズン目に突入している。

シーズン途中での指揮官交代はリスクも大きく、準備期間がない。会長もこんな早い段階で躓くとは予想していなかったのかもしれないが、バルベルデ続投はミスだったのか。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索