長谷部だけじゃない ドイツで今季の“勝者”と認められたFWがいざ代表戦へ

長谷部だけじゃない ドイツで今季の“勝者”と認められたFWがいざ代表戦へ

フランクフルト支えるもう1人の日本人選手

フランクフルトでリベロを務める長谷部誠が絶賛されるのは日常となってきたが、今季のフランクフルトではもう1人の日本人選手も高い評価を得ている。森保一監督率いる日本代表にも選出された23歳FW鎌田大地だ。

鎌田は昨季ベルギーのシント・トロイデンにレンタル移籍し、そこで大きくブレイク。フランクフルトがFWルカ・ヨビッチら前線の主力を数枚失ったこともあり、今季はブンデスリーガの舞台で出場機会を確保している。

独『Bild』もそんな鎌田を高く評価している。リーグ戦、国内カップ戦、ヨーロッパリーグの全てを合わせてフランクフルトは今季16試合戦っており、そのタイミングで同メディアは今季の勝者と敗者を選出。鎌田を勝者の方に選んでいるのだ。

1つ気になるのは、同メディアが鎌田について「今のところゴール以外は何でもできる!」と伝えているところか。鎌田はリーグ開幕前に行われたDFBポカール1回戦のヴァルトホーム・マンハイム戦でしか得点を奪えていない。テクニックなどは評価されているようだが、得点部分では物足りないのが正直な感想だろう。ここから評価を上げるには、ゴールやアシストという分かりやすい結果が求められる。

とはいえ、フランクフルトでの活躍が日本代表入りに繋がっているのは間違いない。ブンデスリーガで序盤から出番を確保し、日本代表でもチャンスを与えられたとなれば、鎌田は序盤戦の勝者と呼ぶにふさわしい。

もちろん同メディアが選んだ勝者には長谷部の名前も入っており、フランクフルトでは日本人選手2人が大きな存在となっている。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る