99年の歴史の中で初 サッカー大国スペインの“珍スタメン”

99年の歴史の中で初 サッカー大国スペインの“珍スタメン”

11人全員が異なるクラブに所属

長い歴史を持つサッカー大国のスペイン代表に、同国代表史上初となる珍しい出来事が起こった。

12日に行われたEURO2020予選で、ノルウェー代表と対戦したスペイン。アウェイでの戦いながら6割以上のポゼッション率を記録し、47分にサウール・ニゲスのゴールで先制に成功した。しかし、その後は追加点を奪えないでいると、後半アディショナルタイムにPKを献上し、ノルウェーに痛恨の同点ゴールを許した。この結果、スペインはグループFの首位はキープしているものの、EURO2020予選7試合目にして初めて白星を取りこぼし、2位スウェーデン代表との勝ち点差は「5」に縮まっている。

ただ、この一戦でスペイン代表が新たな歴史を切り開いた。近年は国内の2強であるバルセロナとレアル・マドリードに所属する選手たちがチームの主体となってきたスペインだが、ノルウェー戦ではスターティングメンバーに名を連ねた11人全員が異なるクラブに所属。スペイン『as』などによると、これは同代表の99年の歴史の中で初めてで、699試合目にして達成した出来事だという。

ノルウェー戦でスタメン出場したスペイン・メンバーは以下の通り

[GK]
ケパ・アリサバラガ(チェルシー)

[DF]
ヘスス・ナバス(セビージャ)
ラウール・アルビオル(ビジャレアル)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
フアン・ベルナト(パリ・サンジェルマン)

[MF]
ファビアン・ルイス(ナポリ)
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)

[FW]
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)
ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
ダニ・セバージョス(アーセナル)


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る