[粕谷秀樹]メンディとアリが健康体を手にできずに苦悩 見習うべきはC・ロナウドの姿勢だ

[粕谷秀樹]メンディとアリが健康体を手にできずに苦悩 見習うべきはC・ロナウドの姿勢だ

グアルディオラに突き放された

「いったい、いつまで二軍におんねんっ!」

読売ジャイアンツの坂本勇人が、桜井俊貴をどやしつけたことがあったという。キャプテンとして当然だな。今シーズン途中からローテーションを守ったけれど、桜井は二軍暮らしも長かった。2016年のドラフト1位にもかかわらず、周囲の期待にはなかなか応えられなかったからね。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督も、バンジャマン・メンディには手を焼いている。「とてつもないクオリティを持った選手だが、ときどきぶん殴りたくなる」と語ったように、五体満足のときは申し分ない。強靭な肉体を駆使しながら、左サイドで異彩を放つ。

ところが四六時中、膝を痛めている。リハビリに励んでいればいいものを、SNSで話題を振りまいたり、ナイトクラブに現れたり、自己管理が緩すぎる。さすがのグアルディオラも憤懣やるかたなく、メディアを通して警告した。

「レギュラーポジションは力で取り、確保するものだ。ケガが絶えず、それでいてリハビリも怠るようなタイプは、レギュラーポジションどころか、試合に出る資格すらない」

メンディはもはや左サイドバックの一番手ではなく、他の選手と争ってポジションをつかみなさいってことだよね。今シーズンも早々と膝を痛めた。グアルディオラは半ば突き放している。メンディは、覚悟しないとシティからほっぽり出されるだろうな。


ハムストリングの痛みは致命傷

「またかよ〜」

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督も頭を抱えている。デル・アリのハムストリングが悲鳴を上げた。この1年半で4回目。癖になっているのだとしたら、かなりヤバい。

リヴァプールで一世を風靡したマイケル・オーウェン(現コメンテイター)も、レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドでは、この症状でほとんど活躍できなかった。アスリートにとっては致命傷になりうる危険な痛みだね。

そこでアリは専門の栄養士を雇い、体質改善に取りかかった。食事にたんぱく質を多く採り入れ、糖分はカット。積極的に水分を補給する。また、コマーシャル活動を縮小するなど、五体満足な肉体を取り戻すために懸命だ。

いい傾向だと思うよ。自分自身と真剣に向き合ったからこそ、専門の栄養士を雇ったわけでしょ。精神的な成長と考えられるよね。健康に無頓着だと先は長くない。トッテナムの先輩では、ポール・ガスコインが酒で身を滅ぼした。30歳を過ぎたクリスティアーノ・ロナウドがなぜ活躍できるのか、アリだけではなく、全アスリートが参考にしなくっちゃ。彼は人一倍、コンディションに気を遣っている。感染症のリスクを伴うとの理由で、タトゥーは絶対に入れない。

メンディは25歳、デル・アリ23歳。若いといっても健康管理だけはしっかりしないとね。せっかくの才能が台無しじゃん。

文/粕谷秀樹

スポーツジャーナリスト。特にプレミアリーグ関連情報には精通している。試合中継やテレビ番組での解説者としてもお馴染みで、独特の視点で繰り出される選手、チームへの評価と切れ味鋭い意見は特筆ものである。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る