これが1億ユーロの実力 新レアルの7番が魅せた“魔法の72分間”

これが1億ユーロの実力 新レアルの7番が魅せた“魔法の72分間”

ドリブル突破あり、ラボーナありの5分間

今夏レアル・マドリードに加わったFWエデン・アザールがなぜ移籍金1億ユーロの男だったのか。4-0で快勝した9日のエイバル戦でそれを証明することができたのではないか。

エイバル戦のアザールは左サイドから何度もチャンスを生み出していたが、何よりドリブル突破のインパクトが強烈だった。漫画のようにボールを浮かして相手をかわし、ラボーナでクロスを上げるオシャレなプレイまであった。アザールは72分でベンチへ退いたが、まさに「魔法の72分間」と表現するにふさわいしパフォーマンスだった。

チェルシーでのファイナルシーズンとなった昨季は現段階で8得点を挙げていたため、現在レアルで1得点に留まっているのは少々寂しい。しかし、エイバル戦で真のアザールの姿を垣間見ることができたのは間違いない。怪我で出遅れたり、太りすぎではないかとの指摘も受けたが、ようやくギアが上がってきた印象だ。

スペイン『as』もアザールの働きを絶賛しているが、ポジティブなのはドリブルだけではない。アザールは徐々にFWカリム・ベンゼマとのコンビネーションを高めており、エイバル戦でもベンゼマとのパス交換から局面を打開する場面が何度もあった。ここが繋がってくればレアルの攻撃レベルは確実に一段上がることになる。

今夏リーガ・エスパニョーラではアトレティコ・マドリードからバルセロナへ移籍したFWアントワーヌ・グリーズマン、ベンフィカからアトレティコへ移籍したFWジョアン・フェリックス、そしてチェルシーからレアルへ加わったアザールと、3人の1億ユーロプレイヤーが動いた。いずれも立ち上がりは苦しいものとなったが、最初に一歩抜け出したのはアザールか。


関連記事

theWORLDの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る