市場価格は“1000万ユーロ以下”

英『squawka』は13日、人気ビデオゲーム『FIFA20』のキャリアモード(監督モード)において安値で獲得できる10代のDFたちを紹介した。

ひとりの選手や監督になりきり、実在のシーズンをプレイできる『FIFA20』のキャリアモード。既に完成されたスタープレイヤーを買い集めてチームを強化するのも監督モードの醍醐味ではあるが、将来有望な若手を引き抜き、コツコツと育て上げるという楽しみ方もできるだろう。なお、各選手の実年齢や所属クラブ、及び同ゲーム内における市場価格、能力値(各項目100点満点)、適性ポジションは2020年1月10日時点のものである。


①キ・ヤナ・フーフェル(17歳/オランダ国籍)
所属クラブ:リヴァプール

市場価格:62万5千ユーロ

適性ポジション:右サイドバック

2018年よりリヴァプールの下部組織に在籍し、今季はトップチームの一員としてカラバオ杯に出場しているキ・ヤナ・フーフェル。『FIFA20』における初期の総合レートは“62”であるが、最大で“85”まで伸びるポテンシャルを秘めている。初期段階でトップスピードが“70”、ボールに対する積極性(Aggression)が“64”と、サイド攻撃を活性化してくれそうな逸材だ。