豪華すぎるトップ10

バルセロナはいつの時代も超がつく豪華なアタッカーたちを抱えてきたクラブだ。21世紀だけで振り返っても、とんでもない選手たちが圧倒的な攻撃力でチームに複数のタイトルをもたらしてきた。

では、「21世紀最高のバルセロナFWトップ10」を選ぶならどのような顔ぶれとなるのか。英『Squawka』が選出しているが、いかに豪華な攻撃陣を抱えてきたかが分かる顔ぶれだ。

10位:パトリック・クライファート(257試合122得点)

9位:ティエリ・アンリ(121試合49得点)

8位:リバウド(235試合130得点)

7位:ネイマール(186試合105得点)

6位:ペドロ・ロドリゲス(321試合99得点)

5位:ダビド・ビジャ(119試合48得点)

4位:サミュエル・エトー(199試合130得点)

3位:ルイス・スアレス(270試合191得点)

2位:ロナウジーニョ(207試合94得点)

1位:リオネル・メッシ(718試合627得点)


1位がメッシなのは分かりきっていたことだが、改めて見ると得点数が異常だ。リバウド、ネイマール、ロナウジーニョとブラジル人アタッカーが重要な役割を担ってきたのも1つの特長だ。

また、6位にペドロが入っているのも見逃せない。スーパースターという立ち位置ではないかもしれないが、ペドロはチームにタイトルを与える重要なゴールをいくつも決めてきた。その得点感覚はアンリやビジャにも負けないレベルにある。