衝撃は世界に広がる

今季最高の新戦力は誰なのか。普通ならば、こうした企画は昨夏に移籍した選手から選ばれるものだ。

しかし、今季は一味違う。スペイン『MARCA』は「今季最高の新戦力は誰か?」とアンケートを取っているが、ダントツの1位だったのは今冬の移籍市場で新天地へ向かった選手だ。

その選手とは、今冬にザルツブルクからドルトムントに移籍したFWアーリング・ハーランドだ。

ドルトムントでデビューしてからプレイしたのは1ヶ月半程度といったところだが、ハーランドはそれだけの時間で世界のサッカーファンを納得させたことになる。今回のアンケートでも60%と高い得票率を獲得しており、文句なしのNo.1といったところか。

ブンデスリーガだけでなく、チャンピオンズリーグでもパリ・サンジェルマン相手に2得点を奪うなど大暴れ。今季だけでワールドクラスのストライカーと認められるようになった。

ハーランドに次ぐ2位は、30%の票を獲得したレアル・ソシエダMFマルティン・ウーデゴーだ。

ウーデゴーはレアル・マドリードからソシエダにレンタル移籍している選手で、ハーランドと同じノルウェー代表選手だ。ノルウェーが誇る2人のヤングスターが今季大きく成長することになった。

インテルに移籍したFWロメル・ルカク、パリ・サンジェルマンへ向かったFWマウロ・イカルディらの票が伸びなかったのは少々意外だが、一気にワールドクラスへと上り詰めた2人の若手の方がインパクトは強かったか。