「まだ完璧には程遠い」

今季ここまでイングランド・プレミアリーグで首位を独走するリヴァプールには多くのワールドクラスがいる。GKアリソン・ベッカー、DFフィルジル・ファン・ダイク、FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネは真っ先に名前が上がるスーパースターだ。そして、右サイドバックを務めるDFトレント・アレクサンダー・アーノルドもその1人としてカウントすることができるだろう。

右サイドからの果敢な攻め上がりでリヴァプールの攻撃を支えるA・アーノルド。高いキック制度を活かしてチームのプレイスキッカーも務める彼はここまでリーグ戦で12アシスト。現“世界最高"の右SBを選ぶなら、間違いなく候補に入ってくる選手と言っていい。

そんなサッカー界での地位を確立したA・アーノルドだが、意外にも自己評価は低めだ。同選手は英『GQ magazine』のインタビューに応じているのだが、その中で彼は自身のことを「まだ完璧には程遠い」としながら次のように語った。

「自分のことを本当に優れたサッカー選手だなんて思ってはいないよ。まだ完璧には程遠いんだ。自分がどうなる必要があるのか、どんなふうになれる可能性があるのかは重要じゃないのさ。だから頭の中でラベルを貼っても意味がないんだよ。まだ改善すべき点はたくさんある。成長している実感はあるけどね。でも、今はただ全ての試合でプレイするだけさ。全ての試合に勝ちたいんだ。これからも毎日トレーニングをして、できるだけ自分の力を高めたいと思っているよ」

そのパフォーマンスに関して各方面から絶賛の声が寄せられるA・アーノルド。まだ21歳なだけに浮かれてしまってもおかしくないような立場にあるが、彼はどこまでもストイックな選手であることが窺える。

ここまで極めて順調なキャリアを築いているA・アーノルドだが、その中でもこの若者に慢心はない。はたして、サッカー界屈指の若手実力者は今後どこまで偉大な選手となっていくのだろうか。21歳のさらなる成長に期待したいところだ。