ローマ戦でファンの心を鷲掴み

ズラタン・イブラヒモビッチが不在の中でACミランの前線は機能するか。そんな疑問を持ちながら現地時間28日に行われたセリエA第28節のASローマ戦を見ていたファンも多かったことだろう。強力な相棒を欠いてFWアンテ・レビッチがどこまでやれるか。ある程度注目されていたことは間違いない。

しかし、その心配は杞憂に終わった。レビッチは1試合を通して精力的に高い位置から守備を怠らず、ローマ守備陣にプレッシャーを与え続け、チームの中でこの上なく機能。76分には貴重な決勝点もゲットし、最高のパフォーマンスで5位チーム撃破の立役者となった。これにはミランのファンも胸を撫で下ろしたことだろう。

そんな中で、ミラン攻撃陣にはもう一つポジティブな材料があった。冬の移籍市場でアンデルレヒトからレンタルで獲得した21歳MFアレクシス・サレマーカーズが躍動したのだ。

これまではチャンスが少なかったこともあり、それほど注目される存在ではなかったサレマーカーズ。しかし、このローマ戦で後半開始早々の54分にピッチへ送り出されると、21歳は随所に光るプレイを披露した。積極的な仕掛けでチャンスを演出し、守備面でもレビッチと連動したプレスを披露。この試合では彼の投入がミランに流れを引き寄せたと言っても過言ではない。

そんな好パフォーマンスを披露したサレマーカーズには、ファンも大きな期待感を抱いたようだ。ベルギー『voetbalnieuws』は、試合後に各SNSへ投稿された同選手に対するファンの声を紹介。そのどれもが、若きアタッカーを称賛するものだと伝えている。

「サレマーカーズはすぐ買取に動くべき。こんな期待感のある選手は久しく見ていない」

「カスティジェホの代役、いやライバルとなれる存在だ」

「来季ラングニックが来れば化けるんじゃないか?」

「起爆剤になるかもしれない。ミランの未来は彼に託してもいいと思う」

ローマ戦のパフォーマンスでファンの心を一気に掴んだサレマーカーズ。はたしてベルギー産のヤングMFはここからミランでどれほどのプレイを見せてくれるのだろうか。まだ21歳と若いこともあって、人々は長くロッソネリを牽引する選手に育ってほしいと願っているようだ。