冬の間、雪で閉鎖されていた岐阜県と石川県を結ぶ、「白山白川郷ホワイトロード」の一部区間が27日、開通しました。

 白川村の馬刈料金所では27日朝、関係者らが出席してシーズン中の安全を祈願する神事が行われました。このあとテープカットをして開通を祝いました。

 岐阜県白川村と石川県白山市を結ぶ「白山白川郷ホワイトロード」は、全長33.3キロの有料道路ですが、今年2月に石川県側で起きた土砂崩れの影響で、今年は岐阜県側のおよそ11キロのみの開通で、石川県側への通り抜けはできません。

「白山白川郷ホワイトロード」が全面開通するのは2021年6月になる見通しです。