新型コロナの影響で映画業界。俳優の役所広司さんが「映画館に行こう!」キャンペーンをPRしました。

 30日から始まった「映画館に行こう!」キャンペーンは、国内の映画関連の4団体で実施していて、アンバサダー役の役所さんらが、映画館は安全・安心で楽しめる場所とアピールしました。

役所広司さん:
「やはり映画館で見る映画は別物だと。コロナ禍における、映画鑑賞のマナーを守って映画を楽しんでいきたいと思います」

 名古屋でも映画館が営業を再開していますが、キャンペーンではホームページに映画への思いを俳優らが語る動画も紹介していき、魅力を改めて発信していく予定です。