去年10月、名古屋市瑞穂区の20歳の女性宅に侵入し、身体を触るなどのわいせつな行為をしたとして、31歳の土木作業員の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは名古屋市南区の土木作業員・三島裕貴容疑者(31)です。

 警察によりますと、三島容疑者は去年10月2日未明、瑞穂区の20歳の女性宅に侵入し、押し倒すなどの暴行を加えた上、身体を触るなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。

 女性から連絡を受けた母親が通報し、警察は現場付近の防犯カメラの映像などから三島容疑者を特定したということです。

 調べに対し、三島容疑者は「押し倒した覚えはないがそれ以外は間違いない」と容疑を概ね認めていて、警察は犯行のいきさつを詳しく調べています。