2年前、名古屋市中区の婦人服店で現金およそ60万円が奪われた強盗致傷事件で、愛知県警は自営業の27歳の男を逮捕しました。

 逮捕されたのは名古屋市千種区の内装業・若槻聖治容疑者(27)です。

 若槻容疑者は2018年1月、中区・錦の婦人服店に押し入り、男性店長(当時24)の顔を殴ってケガをさせたうえ、売上金およそ60万円を奪った強盗致傷の疑いが持たれています。

 付近の防犯カメラの映像などから若槻容疑者が特定され、警察の調べに対し、若槻容疑者は容疑を認めているということです。