25日、岐阜市の路上で倒れているのが見つかり、その後死亡したホームレスの男性。警察は遺体の状況から殺人事件と断定。捜査本部を設置しました。

 26日午前2時ごろ、岐阜市寺田の路上で住所不定・無職の渡辺哲哉さん(81)が路上で血を流して倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが頭の骨を折るなどしていて死亡が確認されました。

 死亡した渡辺さんは現場付近で生活するホームレスで、司法解剖の結果死因は脳挫傷・急性硬膜下血腫で何者かが暴行を加えたとみられるということです。

 こうしたことから、警察は殺人事件と断定。捜査本部を設置しました。

 渡辺さんが倒れているのを見つけた知人の女性は、直前に渡辺さんと一緒にいた際「複数人に石を投げられた」と話していて、警察は関連を調べています。