愛知県安城市のマンションで26日夜、同居する義理の弟の頭を包丁で切りつけたとして、26歳の女が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは安城市の無職、清水志波容疑者(26)です。

 清水容疑者は26日午後7時半ごろ、安城市弁天町のマンションで同居する義理の弟の無職・清水鉄男さん(55)の頭を包丁で切りつけた殺人未遂の疑いが持たれています。

 清水さんは頭の左側に長さ3センチ、深さ1センチほどの切り傷を負いましたが命に別状はありません。

 調べに対し清水容疑者は包丁で刺したことは認めていますが、「殺意はありませんでした」と容疑を否認しています。

 警察によりますと清水容疑者は、夫とその弟の鉄男さんと3人で暮らしていて、当初夫婦で喧嘩をしていましたがその後、鉄男さんと口論になったということです。