愛知県の大村秀章知事へのリコール運動で28日、名古屋市の河村たかし市長らが街頭に立ち、県民に協力を呼びかけました。

河村市長:
「(公職者を)辞めさせる力もあるんです、ちゃんと。分かっとる?今日はとりあえずハガキを配りますから、これに名前をきゃーて」
 
 名古屋の河村たかし市長や、発起人の高須クリニックの高須克弥院長らは、午後1時半ごろから中区の大須商店街で演説し、大村知事のリコールに向けた署名集めへの協力を呼びかけました。

 このリコール運動は去年8月に開かれた「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡る展示内容や運営が不適切だったとして、知事の責任を追及するものです。

 大村知事のリコールには県内の有権者のうち、86万人あまりの署名が必要で、8月1日から署名集めを始めるということです。