愛知県警が、新たに作成した「サギ除けプレート」で特殊詐欺の被害防止を呼びかけています。

 30日、特殊詐欺でおよそ150万円を騙し取られた82歳の女性らに警察官から渡されたのは、「キャッシュカード、渡さない」などと書かれた「サギ除けプレート」。

 玄関先に吊るす虫除けに取り付けるプレートで、特殊詐欺でキャッシュカードを取りに来る犯人などに対し、「警察に通報されるかもしれない」という不安を誘い、虫と一緒に犯人も除ける狙いがあります。

 緑署管内では今年1月から、すでに10件の特殊詐欺の被害が発生していて、愛知県警は「『キャッシュカードを預かります』はすべて詐欺。すぐに電話を切って」と注意を呼びかけています。