東芝メモリ社長「今後も四日市は基幹工場」 三重県知事に投資ファンドへの株式譲渡完了を報告

東芝メモリ社長「今後も四日市は基幹工場」 三重県知事に投資ファンドへの株式譲渡完了を報告

 投資ファンドへの株式譲渡が完了した「東芝メモリ」の社長が12日、三重県庁を訪れ、今後も「四日市工場」を基幹工場とする意向を明らかにしました。

 東芝メモリの成毛康雄社長は、12日三重県庁で鈴木英敬知事に株式譲渡が完了したことを伝え「これからも四日市工場を基幹工場として頑張っていきます」と述べました。

 これに対し、鈴木知事は「世界の四日市工場となるよう市と連携して協力していきたい」と新たなスタートにエールを贈りました。

 東芝は、巨額債務を解消するためメモリー事業の分社化、売却を決めていましたが中国当局による独占禁止法の審査が長引き、先月ようやく日米韓連合の投資ファンドへの売却が確定していました。

関連記事

東海テレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索