高速道路の鉄製の継ぎ目部品外れトラック破損 固定用ボルトが錆び折れたか 岐阜・東海北陸道

高速道路の鉄製の継ぎ目部品外れトラック破損 固定用ボルトが錆び折れたか 岐阜・東海北陸道

 岐阜県美濃市の東海北陸道で、道路の継ぎ目の部品が劣化して外れ、走っていたトラックのバンパーを傷つける事故がありました。

 12日午後1時半ごろ、美濃市松倉台の東海北陸道下り線を走っていたトラックの運転手から、「何かを踏んだ」と中日本高速に連絡がありました。

 現場を確認したところ、道路の継ぎ目の鉄製の部品の一部2メートルほどが外れ、トラック後部のバンパーを傷つけていたということです。

 雨水などで部品を固定するボルトがさびて折れたことが原因とみられますが、4日前の点検では異常は見つからなかったということです。

 中日本高速では今月7日にも東名阪道の鈴鹿インターで、高架からコンクリート片が落下してトラックに当たる事故がありました。

関連記事

東海テレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索