岐阜地裁の裁判官が“下書き”で判決言い渡し 36件の民事訴訟で「事件処理に追われやむなく…」

岐阜地裁の裁判官が“下書き”で判決言い渡し 36件の民事訴訟で「事件処理に追われやむなく…」

 裁判官が判決でまさかの法律違反です。岐阜地裁の58歳の裁判官が、36件の民事訴訟で下書き段階の判決文をもとに、判決を言い渡していたことがわかりました。

 岐阜地裁の山崎秀尚裁判官(58)は、以前所属していた名古屋地裁岡崎支部で、去年4月からの1年間に担当した36件の民事訴訟で、下書き段階の判決文をもとに判決を言い渡していました。

 民事訴訟法では、清書された「原本」に基づいて判決を言い渡すことが定められていて、岐阜地裁は13日、名古屋高裁に山崎裁判官の懲戒を申し立てました。

 山崎裁判官は「事件処理に追われてやむなくやってしまった」と話しています。

 ただ、下書き段階の判決文と「原本」で、事実関係など内容が異なる部分は無く、36件の民事訴訟の判決そのものに影響はないということです。

関連記事

東海テレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索