文化庁から『5つの課題』が…名古屋城天守閣の木造復元で河村市長が文化庁に赴き意義説明

文化庁から『5つの課題』が…名古屋城天守閣の木造復元で河村市長が文化庁に赴き意義説明

 名古屋市の河村市長が13日、文化庁に名古屋城天守閣の木造復元の意義などを説明したのに対し、文化庁は石垣の調査結果の提出など5点の課題を示しました。

 河村市長は、13日午前10時から文化庁の山崎秀保文化財部長らと30分ほど会談し、木造復元の意義や、ロボット技術などを用いたバリアフリー対策について説明しました。

 これに対し文化庁は、石垣の調査結果の提出や、木造天守の建築時に石垣を傷つけないようにすることなど5点の課題を示したということです。

 国の特別史跡である名古屋城の工事には文化庁の許可が必要ですが、市は防災計画や石垣の調査など、必要な資料をまとめられておらず、木造復元が目標の2022年12月に間に合うか懸念されています。

関連記事

東海テレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

愛知 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索