海底に沈んだ男性を発見…灯台から約1キロの海上で小型船が転覆 持ち主と連絡取れず 三重

海底に沈んだ男性を発見…灯台から約1キロの海上で小型船が転覆 持ち主と連絡取れず 三重

 小型船が転覆、先ほど海底から男性1人が見つかりました。

 桑名市福岡町の揖斐川口灯台からおよそ1キロ離れた海域で、12日朝6時ごろ、漁師の男性(45)から「転覆した小型船を発見して1人が沈んだ」と海上保安庁に通報がありました。

 四日市海上保安部によりますと、転覆したのは長さおよそ6メートルのプレジャーボートで、所有する62歳の男性と連絡が取れなくなっていました。

 四日市海上保安部が巡視艇とヘリコプターを出して捜索にあたったところ、午後5時ごろ海底に沈んでいる男性が見つかり、引き上げられました。

 現在、四日市海上保安部が身元の確認を進めています。


関連記事

東海テレビの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索