オーストラリアで続く大規模な森林火災を受け、国際緊急援助隊として航空自衛隊の輸送機2機が、15日夕方、現地に向け愛知県の小牧基地を出発しました。

 航空自衛隊小牧基地では15日午後4時すぎ、およそ70人の隊員を乗せたC‐130輸送機2機が、国際緊急援助隊としてオーストラリアに向け飛び立ちました。

 オーストラリアでは、去年9月から続く森林火災が全土に広がり、28人の死者が出たほか、コアラなど野生動物にも大きな被害が出ています。

 2機は早ければ17日からシドニー近郊の空軍基地を拠点に、現地で支援物資などの輸送を担います。