愛好家らが育てた洋ランを一同に集めた展示会が、愛知県岡崎市で始まりました。

 会場には鮮やかなカトレアやリボンの様に長く伸びた花弁が特徴のパフィオペディラムなど、西三河を中心とした愛好家が丹精込めて育てた洋ラン210点が展示されています。

 中には大きな葉の付け根から花を咲かせる珍しい品種の南米原産のプレウロタリスや、黒い花の洋ランもあり、訪れた人たちは興味深く見入っていました。

 この展示会は「おかざき農遊館」で1月20日まで開かれています。