米軍返還地貫く 南北道路が開通

米軍返還地貫く 南北道路が開通

 相模原市中央区のJR相模原駅北側に、在日米陸軍基地「相模総合補給廠(しょう)」の返還地を貫く南北道路が二十二日午後二時に開通する。駅北側の同区宮下本町や東京都町田市方面から駅北口へのアクセスが便利になるが、暫定整備のため駅南側などへの通り抜けはできず、さらなる利便性の向上が望まれる。

 二〇一四年に返還された基地跡地の二ヘクタールを活用した道路は片側一車線、長さ八百八十メートル。駅北口のロータリーや駅真横の踏切とは接続しておらず、乗用車などは折り返すしかない。

 市相模原駅周辺まちづくり課の担当者によると、近くのロータリーはバスやタクシー専用で一般車両を入れられない規制があることが原因で今後調整し、接続を検討する。また南北道路から西方向へ抜ける六百メートルの道路も今年中に基地返還地に整備する計画がある。

 二十二日は午前十一時から、現地で関係者による式典がある。 (井上靖史)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

13時19分更新

神奈川のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索