元Jリーガー 町盛り上げ 境町「地域おこし協力隊」に 浦和レッズで活躍・広瀬さん

 境町は二十日、浦和レッズで活躍した元Jリーガーの広瀬治さん(51)に「地域おこし協力隊」を委嘱した。広瀬さんは、地元の社会人サッカーチーム「境トリニタス」の監督として、選手の指導に当たる。

 広瀬さんはJリーグ通算百七十二試合に出場し、十三得点を挙げた。現役引退後は、下部組織のコーチ、監督を経て、二〇〇七〜一一年まで浦和でトップチームのコーチを務めた。

 昨年、スタートした境トリニタスは、県社会人サッカーリーグの三部から、今季は二部リーグに昇格した。現在、二十五人の選手が所属している。

 広瀬さんは「サッカーを通じて、明るく元気な町にしていきたい。プレーヤーとしてだけでなく、人としても成長できるよう指導していきたい」と抱負を語った。将来のJリーグ入りに向け、今年一年での一部リーグ昇格を目標に掲げている。

 橋本正裕町長は「元Jリーガーというだけでなく、指導者としての経験もあり、町のスポーツ環境を整備してもらえれば」と期待を寄せた。 

  (原田拓哉)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

13時19分更新

茨城のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索