大人35人が「入学」 来春廃校 鹿沼市立西大芦小 

大人35人が「入学」 来春廃校 鹿沼市立西大芦小 

 来春廃校となる鹿沼市立西大芦(にしおおあし)小学校に21日、市内外に住む20〜40代の大人35人が「入学」した。最後の在校生となる6年生4人を地域で応援しようと有志たちが集った。年7回ほど4人と一緒に授業を受けるなどして、最後の1年間を盛り上げる。 

  (猪飼なつみ)

 「入学」は、子育て支援活動などをする一般社団法人「発元気プロジェクト」と同校が企画。児童四人だけになった同校で、イベントや交流を増やしていこうと考えた。

 同法人の代表でエンターテインメントグループ「歌う海賊団ッ!」の音楽を作る内田智博さんが、授業で六年生四人とオリジナル曲を作り、卒業式で歌う。ほかの有志たちも、それぞれの特技や経験を生かしてときに「先生」となりながら、さまざまな授業や運動会などの行事に参加する。

 児童四人に内容を内緒にしたまま、同校で入学式が開かれた。三十五人の「新入生」のうち出席した二十四人が入場すると、児童たちは驚いた表情を浮かべながら、拍手で迎えた。

 穐本朝子(あきもとともこ)校長は「最後の一年間、子どもたちと冒険の旅に出てみようと思います。新入生の方々を大切な仲間として迎え、一緒に学んだり遊んだりしてください」と呼び掛けた。

 在校生を代表して、石原萌瑛(もえ)さん(12)は「友達と『何年生が来るのかな?』『新入生って動物じゃないの?』と話していました。これから仲良くしてください」とあいさつした。

 式の最後には「歌う海賊団ッ!」がステージに登場。船長「キャプテン☆うっちゃる」として内田さんが歌い、音楽に合わせて児童や新入生が一つになって盛り上がった。

 石原さんは「年下の子が来ると思っていたから驚いたけどうれしい」と話し、同じく在校生の井上かなこさん(11)は「これからにぎやかになりそう」と笑顔を見せた。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

09時45分更新

栃木のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索