パンダ飾りに注目 狭山 入間川七夕まつり開幕

パンダ飾りに注目 狭山 入間川七夕まつり開幕

 関東三大七夕まつりの一つに数えられる狭山市の入間川七夕まつり(市観光協会主催)が五日、開幕した。六日まで。東京・上野動物園で六月に誕生したパンダの赤ちゃんや、ご当地名物の狭山茶をPRする七夕飾りが注目を集めている。

 西武新宿線狭山市駅西口の市民広場から、七夕通りへ続く約一・五キロの沿道では、総数百二十五本の七夕飾りが夏風に揺れた。狭山の竹飾りは二本の丸太を組み合わせ、通りの真上からつるす「やらい飾り」が特徴という。市民広場には、二十三校の市立小中学生が願いを書いた短冊約一万二千本が展示されている。

 まつりは六日午後九時まで。期間中、周辺には臨時駐車場が設けられるが、台数が少なく市観光協会は公共交通機関での来場を呼びかけている。問い合わせは、まつり本部=電04(2968)1961=へ。 (加藤木信夫)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索