社員食堂を厚労大臣表彰 大田の荏原製作所本社、eランチ活動が評価

社員食堂を厚労大臣表彰 大田の荏原製作所本社、eランチ活動が評価

 大田区の荏原製作所本社(羽田旭町、従業員約千九百人)の食堂が、本年度の栄養関係功労者(特定給食施設)として厚生労働大臣表彰を受賞した。同省によると、これまで受賞したのは病院や福祉施設などで、一般企業の社員食堂は過去三年で初めてという。

 一日に一千三百食を提供する同社の食堂が、二〇一四年度から続ける「eランチ」活動が評価された。

 複数の管理栄養士が連携し曜日ごとに「サラダ割引デー」「ノー揚げ物デー」などを設定しているほか、栄養情報のICチップ管理するシステムも導入した。

 そのほか、ヘルシー定食を食べるごとに、発展途上国の学校給食一食分にあたる二十円が寄付される社会貢献にも取り組んでいる。

 広報・社会貢献課の鈴木史子さんは「社を挙げて生活習慣病予防に力を入れています。社員食堂では健康増進と社員満足度向上の両立をめざしています」と話していた。 (梅村武史)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索