豊洲の魅力をネットで発信 食材選びのこつ ブロガーら取材

豊洲の魅力をネットで発信 食材選びのこつ ブロガーら取材

 インターネット上での影響力が大きいブロガー(発信者)らを集めて豊洲市場(江東区)の魅力を発信してもらうイベントが、開場二百四十日を切った十三日、市場内の調理室で開かれた=写真。

 二十〜四十代の主婦層を中心にしたブロガーや、米仏などの海外メディア関係者ら五十人近くが参加。仲卸業の亀谷直秀社長や岡本光生(みつお)社長が、鮮魚や青果の食材の見分け方などを披露すると、参加者は興味津々の様子でカメラを向けたりしていた。参加者で、ブロガーの一人、今西千登瀬(ちとせ)さん(38)=墨田区=は「地下の汚染物質などの対策がしっかりされていることが確認できた。なぜ今、豊洲市場が必要なのかを発信していきたい」と満足そうだった。

 イベントには小池百合子知事も訪れ、視察後、「わたくしも豊洲市場を広く知ってもらう努力を重ねたい」と宣言。市場関係者から移転の準備不足を指摘されていることに「準備が本格的になってきた証左だ。近々、直接話をうかがう」と述べた。 (木原育子)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索