JR御茶ノ水駅、待ちに待ったエスカレーター 下り線ホームはあす 上り線29日利用開始

JR御茶ノ水駅、待ちに待ったエスカレーター 下り線ホームはあす 上り線29日利用開始

 エレベーターもエスカレーターも未設置だったJR御茶ノ水駅(千代田区)で、19日からエスカレーターの利用が開始される。

 中央線と総武線各駅停車が止まる同駅は1日の乗降客数が20万人以上いる。駅前は病院が多く、バリアフリー化が待たれていた。

 JR東日本は2013年に改良工事に着手。ホームの上に連絡通路を造り=写真、上下線各ホームにつながるエレベーター、エスカレーターを設置している。19日に先行して下り線ホームのエスカレーターが、今月29日に上り線のエスカレーターと、上下線のエレベーターの利用が可能になる。ただし連絡通路は御茶ノ水橋口にしか通じていない。反対側の聖橋口に出られるようになるのは2023年度の予定。

 同駅はホームの北側を神田川、南側をガケ、東西の両端を橋にはさまれた特殊な地形のため工事が難しく、御茶ノ水橋口側の階段に車椅子昇降機があるだけ。改良工事は神田川に作業スペースとして仮設桟橋を造り、終電後の3時間弱をぬって行われている。 (宮崎美紀子)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索