<23区の予算案>練馬区 海外に都市農業を発信

<23区の予算案>練馬区 海外に都市農業を発信

 都市農業を発信しようと十一月二十九日〜十二月一日に開催する「世界都市農業サミット」の経費として五千七百十四万円を盛り込んだ。

 ニューヨーク、ロンドン、ジャカルタ、ソウル、トロントの五都市から農業者や行政関係者らを招き、都市農業の可能性を探る国際会議を開く。練馬大根引っこ抜き競技大会など催しも多彩に展開する。

 前川燿男区長は「区で初めての国際イベント。必ず成功させたい」と意気込んだ。

 四月から小中学校の教材費や給食費など学校徴収金の新たな管理システムの運用を始める。全て口座振替となるため、児童生徒は現金を持って登校する必要がなくなる。教員にとっては支払い業務など事務の軽減につながる。

 元気な高齢者を対象にした事業に三千四百万円計上。多様な働き方を実現するため、区内中小企業とマッチングするシニア職場体験事業を始める。身に付けた知識や技術の効果的な教え方を学んでもらい、地域参加を促す。

 再整備を目指す区立美術館の基本構想を二〇一九年度末に策定する。区内を走る地下鉄都営大江戸線の延伸推進基金に七億円を積み増し、五十億円とした。(渡辺聖子)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索