<統一地方選>11区長選に31人立候補

<統一地方選>11区長選に31人立候補

 統一地方選後半戦の区市長選、区市議選が十四日告示され、都内では十一の特別区長選に三十一人、多摩地区では五市長選に十一人が立候補した。二十三区のうち、二十区で区議選があり、定数計七八五に対し、千七十八人が立候補。多摩地区の二十市議選には定数計四八五に対し、五百九十五人が立候補した。 (山田祐一郎)

 区長選のうち、北区長選は五選を目指す現職に新人二人が挑む。江東と大田は、四選を目指す現職と新人二人による選挙戦。豊島は六期目を目指す現職と新人三人が立候補を届け出た。

 八期務めた現職が引退を表明した中央は、新人五人が争う構図。江戸川は新人三人による争いとなった。世田谷は、三期目を目指す現職に元区議長が挑むほか、文京、墨田、渋谷、板橋も現職と新人の一騎打ちとなった。

 十六日には、大島町長選、檜原村長選のほか、瑞穂、大島町議選、檜原、神津島、御蔵島、小笠原村議選が告示される。

 いずれも二十一日に投票が行われる。ほとんどが即日開票されるが、江東、大田、中野、杉並、荒川、江戸川では二十二日に開票される。

◆北区は三つどもえの戦い

 北区長選は、二人の新人と、五選を目指す現職の三候補による選挙戦となった。

 自ら立ち上げたあたらしい党の代表で元都議の新人、音喜多駿(おときたしゅん)さん(35)はJR十条駅前での第一声で、区の高い高齢化率や低い人口増加率を示し「若い世代が定着していない」と四期十六年の現区政を批判。二十三区の魅力度、認知度のランクで最下位であると指摘し、「考えられる全ての手を尽くす」と区名変更の住民投票に意欲も示した。この後、駅前商店街を歩き買い物客らに支持を訴えた。

 市民団体代表世話人の無所属新人、川和田博さん(68)=共産推薦=は、十条駅前での第一声で、「福祉と暮らし優先の温かい区政を展開したい」と声を張り上げた。コミュニティバスの拡充や区民事務所の復活など、地域に根差した政策を主張。「北区の子どもは今後十五年間、増えていく。それに見合った教育施設や子どもの居場所を」と、保育料軽減や子ども食堂への支援なども訴えた。

 迎え撃つ無所属現職の花川与惣太(よそうた)さん(84)は、区役所そばの事務所前での出陣式でマイクを握り「経験は大きな原動力。気力、体力、ますます充実している」と支持を呼び掛けた。背筋をピンと伸ばし、子育てや教育、高齢者施策に取り組んでいくと強調。式の後は自転車で区内を回って、行動力をアピールした。高齢を懸念する声もあるが、陣営幹部は「元気な姿を見てもらうのが一番」と話した。 (宮尾幹成、西川正志、中村真暁)

◆中央 5新人が林立の激戦

 中央区長選は八期三十二年務めた現職が出馬せず、無所属の新人五人の争いとなった。

 政治団体代表の熊倉哲也さん(55)は大江戸線勝どき駅近くで演説し、「現職が後釜に指名した人が同じ路線を歩むことは一区民として疑問。一緒に区政を変えていこう」と呼び掛けた。

 食育事業組合代表の梅原義彦さん(67)は同駅近くで築地市場跡地の再開発プランを主張。「屋上を緑化して緑あふれる区にする」。スピーカーは使わず、一人ずつ声を掛けて回った。

 ジャーナリストの上杉隆さん(50)は同駅近くでポスター張り。「選挙カーやマイクを使わず、区民に会って政策を聞く」。インターネットも活用し「リアルとうまく組み合わせたい」。

 元環境省職員の西田主税さん(56)=立民、共産、自由、社民推薦=は同駅近くで第一声。現職による後継指名を批判し、「私には実績と能力と行政手腕とビジョンがある」と訴えた。

 現職から後継指名を受けた山本海苔店相談役の山本泰人さん(70)=自民、公明推薦=は茅場町で現職や支持者らを前に「変えるべきは変え、新しい区をつくっていく」とアピールした。

 映画プロデューサー山田英久さん(57)は十四日、立候補を届け出たが同日中に辞退した。「他候補と政策協定を結び、政策実現のめどが立った」としている。 (杉戸祐子、長竹祐子、加藤健太)

◆世田谷 現職と元区議長激突

 世田谷区長選は、元区議会議長の新人、三井美穂子さん(56)=自民推薦=と、三選を目指す現職の保坂展人さん(63)の一騎打ちとなった。

 三井さんは、朝から区議選の応援で自民系区議の遊説を回り、自身は午後五時から三軒茶屋駅前で出陣式に臨んだ。「自分も子育てはワンオペで閉塞(へいそく)感があった。今は義母の介護もある。経験を生かし、安心して暮らせる世田谷のために区民に寄り添っていきたい」と、教育や健康づくりなどを施策に挙げた。聴衆からは女性区長を望む声も上がった。

 保坂さんは午前九時、区役所前で第一声を上げた。保育園増設や福祉の相談窓口設置など二期八年の実績を掲げ、「排除、差別ではなく、みんながお互いをサポートしながら、あるものを生かし新しいまちをつくっていくのが世田谷区政。もっと参加と協働のまちづくりをやらせてください」と語った。自ら区役所前の掲示板にポスターを張ると、次の遊説先へ向かった。 (神谷円香)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索