アムールトラの子ども 雄の「ショウヘイ」を公開 多摩動物公園

アムールトラの子ども 雄の「ショウヘイ」を公開 多摩動物公園

 多摩動物公園(日野市)は二十三日、一月に生まれた雄のアムールトラ「ショウヘイ」の公開を始めた。同園では八年ぶりの赤ちゃん。名前は大リーグ・エンゼルスで活躍する大谷翔平選手にあやかった。 (松村裕子)

 ショウヘイは1月29日、同園生まれの雌シズカとドイツ生まれの雄アルチョムの間に誕生した。

 シズカは12歳で、アムールトラとしては高齢出産だったため難産となり、生まれた3匹のうち雌2匹は数日中に死んでしまった。ショウヘイも飼育員がミルクを飲ませて育てた。

 4月には細かくした馬肉も食べるようになり、元気に成長したことから公開した。

 人がミルクを与えると人に慣れすぎる恐れがあり、ガラス越しに親と対面する機会をつくっている。来園者には「ショウヘイ」と呼びかけないよう促している。

 公開時間は午後1時半〜4時。体調管理のため雨天時は中止する場合がある。 


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索