「煙らん」おいしい店を応援 文京区版「ケムラン」開設

「煙らん」おいしい店を応援 文京区版「ケムラン」開設

 世界禁煙デー(三十一日)を前に、屋内完全禁煙の飲食店を紹介するサイト「ケムラン(Quemlin)」の文京区版「ケムラン×文京区」が今月開設された。地域に特化したケムランサイトは初めて。記念イベントが三十日に区民センター(本郷四)で開かれる。 (中村真暁)

 ケムランは、飲み歩き好きのがん研究者の伊藤ゆりさん(42)=大阪医科大准教授=が二年前に創設し、現在は全国六百軒以上の飲食店を掲載している。百六十人以上いる全国のボランティアが特派員として実際に店を利用し、屋内完全禁煙や加熱式・電子たばこを使えないなどの条件に合うかを確認した上で、店の情報を載せているサイトだ。

 文京区版は区社会福祉協議会の助成を受け、約一年かけて制作。現在はパブや喫茶店など二十五店をアップしている。伊藤さんによると、文京区の喫煙率は八人に一人と全国平均の五人に一人より大幅に低く、サイトへの高い関心が見込めるという。

 禁煙を検討中の店の参考にと、三店では店主らへのインタビューも。「(禁煙化で)愛煙家の常連客の一部は店から離れたが、家族連れが増え、飲み物だけでなく食事の注文も増えた」「禁煙の安全な空間として着実に親子連れのリピーターが増えている」といった声を紹介している。本年度は区も連携し、飲食店などにサイトを周知する。

 区内で今月、今後の活動を説明する催しがあった。飲食店の受動喫煙を規制する改正健康増進法や都条例が昨年成立したことから、伊藤さんは「関心が高まっている。禁煙に向けて悩んでいるお店を後押ししたい」と語った。

 記念イベントは、区版サイトについて参加者同士で意見交換する。会費は千円(軽食あり)で、ボランティア希望者を含め、広く参加を呼びかけている。禁煙週間(三十一日〜六月六日)には、ケムランに載っている店で撮影した写真を会員制交流サイト(SNS)でシェアし、禁煙飲食店を応援するキャンペーンも。イベント参加予約や詳細、問い合わせは、「ケムラン」のサイトから。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索