台風19号 床上浸水 世田谷、大田で167棟

台風19号 床上浸水 世田谷、大田で167棟

 東京都内に住宅の浸水や道路崩壊などの被害をもたらした台風19号。住民らは十五日も後片付けや清掃に追われた。多摩地域では車が通れず、住民が孤立。「早く復旧を」との声が聞かれる。都は同日までの被害状況を明らかにした。

 都の災害対策本部会議が十五日開かれ、同日までに分かった都内の被害状況などが各局から報告された。

 それによると、奥多摩町の約二千六百戸の断水は、十九日までに仮水道管を敷設する見通しとなり、仮復旧までは給水車の応急給水を継続。

 光ケーブル回線が不通になっている新島や神津島などは十七日に仮復旧の見通しとなった。都道は、八王子市や青梅市、あきる野市など十一路線の十一カ所が、道路崩落や土砂流入などで引き続き通行止めとなっている。

 台風による都内の死者は確認されていないが、日野市の河川敷で男性遺体が見つかったことが十五日に判明。都は台風の影響との関連について確認している。農林業関係も田畑の冠水や農業施設損傷といった報告があり、詳細を調べている。

 住宅被害は十五日正午現在、全壊が日の出町で一棟、一部破損が二百六十四棟。浸水は床上・床下合わせて三百十棟。

 被害が多かった区市町は、一部破損が大田が三十五、江戸川が三十、足立が二十九、世田谷が二十六、江東と墨田が十五棟など。

 床上浸水は世田谷が百五十六、大田が十一棟。床下浸水は狛江で三十四、青梅で十六、日野で十五棟など。調布で床上浸水七十件以上との情報もあり、被害は拡大する可能性がある。

     ◇

 小池百合子知事は十五日の災害対策本部会議で、福島県に派遣された東京消防庁のヘリコプターが、救助活動中に誤って女性を落下させて死亡させた事故について「亡くなられた方にご冥福をお祈りし、ご遺族におわびを申し上げたい」と謝罪。十九日に予定されている被害者の告別式に、知事自身が参列する意向を明らかにした。

  (原昌志)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

東京新聞の他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索

トップへ戻る