ワインやコーヒー風呂などを楽しめる日帰り温泉「箱根小涌園ユネッサン」(箱根町)に恒例の「チョコレート風呂」が登場した。今年は箱根にゆかりの人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をPRする「セカンドインパクトの湯」も楽しめる。 (西岡聖雄)

 チョコ風呂はバレンタインデーやホワイトデーに合わせた人気企画で、液体のチョコレートソース一リットルを一日二回、浴槽に投入する。ソースを顔や体に塗り合うと湯船に笑顔が広がる。

 四人家族で来た東京都東村山市の会社員大野裕史さん(40)は「昨秋の台風被害が気になっていたが、復興が進み安心した。大喜びの長女(3つ)から、初のバレンタインチョコをもらえそう」と顔をほころばせた。

 通常のチョコ風呂は二月末まで。三月はルビー色が話題のルビーチョコレート風呂になる。ピンク系のかわいいチョコで近年人気が高い。ユネッサンは新たに入浴剤を開発し、フルーティーなチョコが香る湯を目指す。三月二十九日まで。

 エヴァシリーズの舞台となる架空の第3新東京市の場所は、箱根とされる。六月に公開される新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を盛り上げようと、未曽有の大災害を意味するセカンドインパクトの湯を企画した。屋外のウオータースライダーや洞窟風呂を赤くし、エヴァの世界を醸し出す。三月末まで。

 ファンのコスプレーヤーじゅんさんは、主人公たちが通う中学校の制服を水着で制作して来場し「エヴァとのコラボが箱根復興のきっかけになればうれしい」と話した。

 四〜六月は、主人公が巨大な人の形をした兵器エヴァンゲリオンに搭乗する時に必須の液体を再現したイベント風呂を設ける。

 水着エリアの入場料は大人二千五百円など。問い合わせはユネッサン=電0460(82)4126=へ。