「日本一のモグラ駅」で知られるJR上越線土合駅(みなかみ町)に、宿泊やサウナが楽しめるグランピング施設「DOAI VILLAGE(ドアイヴィレッジ)」が十二日オープンした。JR東日本などによる無人駅を活用した地域活性化の実証実験で、三月二十二日まで。同社は実験結果を踏まえ、今夏からの本格営業につなげたい考えだ。 (市川勘太郎)

 グランピングは自然の中で快適性を取り入れた体験型旅行。グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを合わせた造語で、日本でも数年前から人気となっている。

 施設は駅舎脇に宿泊用テント「モグラハウス」とサウナそれぞれ二カ所で構成。モグラハウスは、高さ約四メートル、広さ約二十平方メートル。中にはベッド二台とストーブなどがある。テント素材と発泡性の断熱材でできており、一般のテントに比べ頑丈で断熱性に優れているほか雪や風にも強い。

 サウナはログハウス型とテント型があり、熱源はまきストーブ。自然の中で本格的なサウナが楽しめる。定員は四人程度。

 駅舎内にはかつての駅務室を利用してラウンジ「モグcafe」を設けた。観光客や地元住民などが立ち寄れるよう、おにぎりやみそ汁などを販売する。営業は平日午前九時〜午後六時。土日祝日は午前七時〜午後六時。

 実験にはJR東日本のほか、駅などを活用した新ビジネスを進める「JR東日本スタートアップ」(東京都新宿区)と、プライベートキャンプ場などを展開する「ヴィレッジインク」(静岡県下田市)も参加。

 JR東日本スタートアップの柴田裕社長は「無人駅を含む地方ローカル線は利用者減少に直面し、有効な手だてを取れていない。新しい取り組みで都市と地方の交流人口を増加させられるかを検証したい」と期待を込める。

 ヴィレッジインクの橋村和徳社長も「実験は駅に村をつくる新たな挑戦だ。宿泊客からの意見も取り入れ、規模を拡大し本格営業を目指したい」と意気込む。

 宿泊予約は既に満員。サウナは正午〜午後六時で日帰り利用ができる。

 問い合わせはヴィレッジインク=電0558(36)4670=へ。