県内で二十日に発表された新型コロナウイルスの感染者は以下の通り。

 ▽木更津市の四十代会社員男性=のどに痛み、十九日に受診先の医療機関で陽性と判明。二十日入院。

 ▽市川市の二十代男子学生=発熱、鼻汁、倦怠(けんたい)感、十九日に受診先の医療機関で陽性と判明。

 ▽スペインの五十代男性=せき、関節痛、十九日に受診先の医療機関で陽性と判明。二十日入院。

 ▽アイルランドの三十代男性会社員=発熱、十九日に受診先の医療機関で陽性と判明。二十日入院。

 ▽東京都の七十代大学教員男性=せき、鼻水、十九日に入院先の医療機関で陽性と判明。

 木更津市の男性は、都内で感染が把握された患者と十三、十四日に行動を共にした。市川市の学生は、アイルランドから九日に帰国し、すでに感染が把握されている同市内の別の学生と、十一日に会っていた。

 スペインとアイルランドの男性は、すでに感染が判明している印西市の男性と一緒に帰国した。東京都の大学教員は勤務先も県外だが、入院先が県内で、八日に都が感染を把握した患者と接触したという。

 県内で確認された感染者は、無症状の三人を含め、四十五人。