新型コロナウイルスの感染拡大により、県内の公立学校の一斉臨時休校が続く中、子育て世帯を支援しようと、境町の道の駅さかいが、子どもは無料の親子連れ用ランチ弁当を提供している。

 二十日は祝日ということもあり、多くの親子連れが買い求め、用意した三百食は完売した。二十二日まで実施する。

 道の駅さかいでは、感染拡大を防ぐため、三日から二十四日まで施設内のビュッフェレストラン「さかいキッチン」の営業を休止している。通常営業を取りやめても、休校で毎日のように子どもの昼食を用意しなければならない家庭を支援しようと、十四日から格安で弁当の提供を始めた。

 弁当は、カレーライスとパスタの二種類から選べる。大人五百円で、中学生以下の子どもは無料。人数制限はないが、親か子のどちらかだけでの購入はできない。町民に限定せず、午前十一時半から午後二時まで約三百食を提供している。

 この日は、ポークカレーとキノコのトマトクリームパスタが用意され、提供開始前から百人ほどの親子連れが集まった。両親の代わりに小中学生の孫三人の面倒を見ているという境町の無職、清水きよ子さん(66)は「昼食を毎日作るのは大変なので、こういう企画は助かる」と話した。(松村真一郎)