昨年九月の台風15号の県の災害対応を巡り、部次長クラスの県職員らでつくる庁内検証チームが二十四日、最終報告書を公表した。台風上陸後に県庁を離れて外出を繰り返した森田健作知事の行動が不適切だったと結論づけた。

 森田知事は台風上陸翌日の九月十日に芝山町の私邸に立ち寄った後、近隣市町を視察。政務の「私的視察」を理由に公用車から私用車に乗り換えるため私邸に戻ったとしている。十一、十三両日も散髪などで東京都内に向かった。

 報告書では知事の一連の行動を「適切とはいえない」と指摘。「想定を超える(被害)状況が発生した今回を教訓とし、最適な態勢がとれるようにする」と改善策を示した。また、今後の災害視察は全て公務で実施することも記された。

 また、県の情報収集が不十分だったことや、長期化した大規模停電への対応策で東京電力や関係機関との連携強化の必要性についても言及した。

 報告書を受け取った森田知事は「自身の行動や県の対応への指摘を踏まえ、今後の防災対策の充実・強化に向けて改善に取り組む」とコメントした。報告書は県ホームページ(HP)で見ることができる。 (中谷秀樹)