茨城空港(小美玉市、正式名称・百里(ひゃくり)飛行場)の愛称について検討する県の有識者会議の会合が二十四日、県庁であり、海外向けの新たな愛称候補として「Tokyo」や「Metropolitan(首都)」などを含む六案を示した。国内向けは「茨城」を残すよう望む声が強く、「茨城空港」のまま変更しないとの意見で集約した。

 茨城空港の海外向け愛称は「Ibaraki Airport」が使われているが、「茨城」の国際的認知度が低く、インバウンド(訪日外国人旅行)誘致の課題となっている。

 会合後に記者会見した座長の戸崎肇・桜美林大教授(航空政策)によると、東京に近い地の利を生かす観点から、六案中五案が「東京」か「首都」を含む候補となった。最も支持されたのは「Tokyo・Ibaraki International Airport」だったという。

 戸崎座長は「人口減、高齢化が進む中で茨城の発展を考えた時に、インバウンド誘致は外せない。『茨城空港』の名称は大事だが、それだけでは海外から来てもらえない」と述べた。

 四月下旬〜五月中旬ごろに意見公募(パブリックコメント)を実施し、五月末までに次回会合を開く。寄せられた意見を踏まえ、海外向けについては一〜三案程度に絞った上で、大井川和彦知事に答申する。(宮尾幹成)

◆茨城空港 海外向けの愛称候補案

Tokyo Metropolitan・Ibaraki Airport Tokyo・Ibaraki Airport Tokyo・Ibaraki International Airport Tokyo north Airport Metropolitan・Ibaraki Airport Ibaraki International Airport