山本一太知事は二十六日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて県庁で臨時の記者会見を開き、県民に対し、今週末の東京都への不要不急な外出を控えるよう自粛を求めた。東京で同ウイルスの感染者が二十五日に四十一人確認されるなど、重大局面を迎えたことを踏まえた。

 県内では二十六日までに十四人の感染が確認され、大泉町の診療所で小規模な集団感染も発生している。

 山本知事は「東京のように爆発的な感染者増加が懸念されている状況にはない。都のような外出自粛は現時点では考えていない」と説明。「群馬から東京に行く人は慎重に行動してほしい。今週末は自粛してもらえるようお願いしたい」と呼び掛けた。

 一方「群馬は東京に近く、通勤通学する人や行き来する人が多い。県民の慎重な行動が求められる」と述べ、通勤者にはテレワークやフレックスタイムの活用などを求めた。

 東京都では二十五日、新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増えているのを受け、小池百合子知事が今週末の不要不急の外出自粛を要請している。 (池田知之)