雨ニモマケズ、風ニモマケズ…、こんな美女が自転車を漕いで訪問看護にやってくる

雨ニモマケズ、風ニモマケズ…、こんな美女が自転車を漕いで訪問看護にやってくる

世に、“ギャップ萌え”という言葉がある。この連載で、今回ほど“ギャップ萌え”を実感したことはない。この美女が、雨の日に自転車を漕いで訪問看護に向かう姿を想像できるだろうか?

東京に暮らす美女たちが何を考え、どんな理想を描いているのかを深掘りする本連載、今週は福井から上京して看護師として働く勝本有莉実さんにスポットを当てた。



さっそく、生い立ちから語っていただこう。

まず、子どもの頃の話を聞かせてください。小中高と、どんな少女時代を過ごしましたか?

「女友達と遊ぶより、男の子に混ざって木登りとか鬼ごっこをする、負けず嫌いでわんぱくな女の子でした。小学生から高校生まではバスケットボールに熱中して、ほとんどバスケの記憶しかありません。高校生の時には全国でベスト8に入ったんですよ! でも、人前に立って話をしたり、自分の意見を言うのはとても苦手だった記憶があります」



高校を卒業するにあたって、ご自身の進路を決めたと思います。有莉実さんはどんな人生を歩もうと思われたのでしょう?

「私がした事でみんなが笑顔になってくれるのが嬉しくて、高校生時代から誰かの役に立つ人間になりたいと思っていました。それで、高校を卒業してから看護学校に入学しました。 3年間頑張って勉強をして、国家資格を取得したんです」



看護師として働く楽しさややり甲斐はどんなものでしょう?

「そうですね、患者様から沢山のことを学ばせてもらっていることが楽しくもあり、やり甲斐にもつながっています」



どんな時でも自転車を漕いで看護に向かいます!


福井から東京に出ようと思ったきっかけは何でしたか?

「すごく単純で(笑)、お洒落が大好きだったので一番先端の東京に行ってみたいと思いました。実際に来てみると、確かにファッションなど新しい情報を知ることができるので、やはり魅力的な街だと思います」


有莉実さんがよく現れるお気に入りの場所は、 ○○のTSHTAYAでした!?


東京の中でも好きな街、よく遊びに行く街、食事に行く街などがあれば詳しく教えてください。

「渋谷は自宅からも近いのでよく行きます。 安くて美味しいお店が沢山あるところがいいですね。 上野は浅草も近くて、下町感があって落ち着きます。地元が福井なので、下町の雰囲気でリラックスしたいときは上野に行きます。あと、代官山のTSUTAYAでお茶をしながら本を読むのも好きです。リラックスできる空間ですね」



看護師として働いていると伺いましたが、具体的にはどんなお仕事の内容でしょう。

「今は訪問看護師をしており、雨の日も風の吹く日も、何があっても自転車を漕いでお客様のご自宅にうかがい、お客様が必要とするサービスを提供しています。 また、会社では地域支援活動なども行なっており、自分も積極的に参加するようにしています」



私を変えてくれたミスコンを知ってもらいたい!


看護師としてのほか、ミスコンにも出られていると伺いました。

「社会人になってからミス・グランド・ジャパンと出会い、美しく健康な女性とは何かを考え、ミスコンの楽しさを知りました。ほかにも自分が目をそらしていた嫌なこととしっかり向き合うようになるなど、沢山のことを学ばせていただきました」

具体的には、どんなことを学ばれましたか?

「ミス・グランド・ジャパン2017の準グランプリになることができましたが、このミスコンに出場して人生が変わりました。美しくなるには体も心も美しくならなければいけないと知りましたが、それは誰にでもチャレンジできることです。

チャンスはどこにでもあることと、諦めなければ夢は叶うことを私は知りました。 同時に、私がミス・グランド・ジャパンに出場してそうしたことを証明できたと思っています。今後は、私が感じたミスコンの魅力を世の中に伝えていきたいです」



それが有莉実さんの夢ですね。

「はい。メディアなどに出て、ミス・グランド・ジャパンの魅力を発信することがいまの夢です。最終的には、ミスコンを目指す女性を育成する場を作りたいです。私はミス・グランド・ジャパンと出会って夢や目標を持つことができましたが、同じ経験ができる女性がひとりでも増えることを願っています」

風雨の中、自転車を漕いで患者さんの元へ向かう姿と、カメラの前でポーズをとる彼女との間には、深くて黒い河が流れていた。

けれども、「だれかの役に立ちたい」という想いは、どちらも同じなのだ。インタビューを終えて、「ミスコンの美女」と「訪問看護師」がひとつにつながった。

ちなみに彼女の好きな男性は、みんなから愛される笑顔の人。

すぐに怒る人や彼女の友人と仲良くなれない人は苦手だというから、彼女にノックアウトされた男性も、「だれかの役に立ちたい」マインドを磨いておくべきだろう。


関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索