大人の恵比寿使いならここ!シックなデートにぴったりのカウンター和食4選

大人の恵比寿使いならここ!シックなデートにぴったりのカウンター和食4選

時期的に大勢での飲み会が増えるこれからの季節。せっかくのデートなのに、店も騒がしくなりがち。

便利な恵比寿で、あくまでも騒がしくなく、しっぽりできる店は知っておきたいものだ。

大人の余裕を感じさせ、2人の密着度が増す“距離詰めカウンター”で攻めるべし!


料理と器のおもてなし『日本料理四四A2』

銀杏の一枚板のカウンターは、思い切りがよすぎるほどの冴えざえとした佇まいを見せる。まな板さえもカウンターにすっぽりとはめ込まれ〝何もない美学〞という言葉が頭にポツンと浮かぶ。

だが、さにあらず。遊び心と見る目の確かさで選んだ器たちが、料理と共に並ぶと、そこで初めて世界は動き出すのだ。


料理はひとつひとつが明快でありながらアイデアの宝庫。

できたての温度や香りのピークを味わってもらおうと、会話のタイミングに目を配り、提供する瞬間を逃さない。そのために、予約は目が届く人数のみ。


時にハッとさせられ、五感をかきたてられる起伏ある展開で、食べ手をその世界に引き込んでいく。


「霧島牛のしゃぶしゃぶ」。あさり出汁で炊いた様々な茸をすり流し風に、白トリュフをどっさりと。(写真は夜のコースの一例)


無垢の椅子や真鍮のランプシェードがモダンな印象を添える


カジュアルに鮨デートができるカウンター『あげまき』

恵比寿駅から徒歩6分。駅前の賑やかさが少し落ち着いたこのエリアには隠れた名店が多く、恵比寿好きが足しげく通う。

そんな場所で人気を博しているのが『あげまき』だ。1階は蔵をイメージした和テイストで、カジュアルデートに使えるカウンターも用意。

地下は少し灯りを落としたシックな雰囲気で、接待にも利用可能だ。


まず注目したいのは、一流料理店出身の料理長が握る、握り寿司。 握りネタは単品でも刺身でもオーダー可能、お好みを注文できる。

でも彼女の話に集中しながらお得に楽しみたいなら「握り特選十二貫盛り」もいいだろう。


中トロ・大トロはもちろん、マグロ赤身・平目・石鯛・コハダ・鯵・あおり烏賊・ホタテ・甘海老に、ウニ・イクラまで入った12貫でお値段なんと、2,800円!

雲丹やイクラまで食べられて3,000円でおつりが来るというのだから驚きのコストパフォーマンスだ。


三田黒沢商店の古来種大豆で作るお揚げを使った、5種類の創作いなり寿司も人気。

大きな角煮がごろっと入った「イワカムツカリの角煮いなり」、トリュフの風味がたまらない「トリュフと雲丹いなり」、和牛に卵黄を絡めて頂く「和牛すき焼き風いなり」、たっぷりの豚肉が乗った食べ応えある「豚しゃぶいなり」。

そして豪華食材がコラボした「雲丹と炙りフォアグラのいなり寿司」はまさに、贅沢の極み!

洋の食材を上手く取り入れたいなり寿司はどんな酒にも合わせやく、フォトジェニックな見た目で女性にも大人気の逸品だ。


米には赤酢を使用し、白身や貝などには醤油ではなく、自家製の「煎り酒」で食べるのがこの店のスタイル。

煎り酒とは、日本酒に梅干しと昆布、鰹節を入れて煮切った、室町末期から伝わる調味料。ほんのり梅の風味が感じられるが、たっぷりつけても強すぎず、魚の味をより引き立ててくれる。

銀座の星付き店や築地の老舗寿司店もいいけれど、カジュアルに楽しむ寿司デートなら会話も弾むこと間違いなし。


恵比寿エリアで和食デートできる店、知っておきたい!

旬の日本料理を食す『日本料理 温故知新』

情緒豊かな四季の移ろいを目と舌で感じさせてくれる日本料理。店名の通り“温故知新”の精神が息づくこの店では、伝統を重んじながらも現代人の感性に合う新しい日本料理を創造。その味わいは、大切な人をもてなすのに打ってつけだ。

賑やかな恵比寿の飲食店街にありながら、引き戸の向こうに待っているのは静かで穏やかな和の空間。中央に飾られた季節の生花が、ゲストを粋に迎えてくれる。

用意されているのは、この道19年の料理長が持つ技と心を堪能できる「旬のおまかせコース」。「日本料理の良さは四季の趣を感じられること。それぞれの季節には、はしり・旬・なごりがあり、同じ食材でもその時期に一番美味しく食べていただける料理に仕立てています」と料理長。


また、先付から水菓子まで全ての料理を小さめのポーションにすることで、コースを通して旬の食材を少しずつ味わえるよう工夫したり、乾杯のビールに合う揚げ物を先付として出したりと、コースの随所に料理長独自のアイデアと心遣いが感じられる。

こだわりの日本酒はコースに合うものを料理長自ら厳選し、「本日の日本酒」として常時5種揃えている。旬を宿した美しい料理の数々と熟練された匠の技を、恵比寿の真ん中で存分に味わってみてはいかがだろう。


カウンターだけではなく、テーブル席や個室も。二人の距離感に合わせて使い分けたい。


120年以上の歴史ある老舗料亭が恵比寿に『上越やすだ』

恵比寿駅から徒歩5分。『上越やすだ』の店名の通り、新潟の美味しい米と地酒が楽しめる和食店。120年以上の歴史を誇る新潟上越の老舗料亭が、ここ恵比寿に店を構える。

格子戸風の趣のある落ち着いた入り口から店内に入ると、目の前には檜の薫り漂う一枚板のオープンカウンター。空間をやんわりと包み込む温かな照明の下で、板前の職人業を眺めながら2人で過ごす時間はまさに至福。


名物は新潟の海の幸を代表する高級魚「のどぐろ」を使った様々な料理と、米どころ新潟で収穫された上質な「コシヒカリ」。

のど黒は、炭火で焼き上げた旨みたっぷりの「塩焼き」がオススメだ。もちろん、ちり蒸し、土鍋飯など、素材を活かした魅力的なラインナップとなっている。


土鍋飯に使用する米は、地元農家中心に仕入れた新潟産「コシヒカリ」。


新潟の自然と人の情熱が生んだ味は、ふっくらと甘味が感じられのど黒の旨みをさらに増してくれる。


旬の食材の旨さをさらに引き立てるのは、新潟の92蔵から仕入れる30種類以上の日本酒。旨い酒に合わせ、120年以上の伝統と歴史を守る技と最高のおもてなしを都内で体感できる特別な空間だ。

恵比寿で大人デートにピッタリな空気感を創り上げてくれる店は、ぜひチェックしておきたい。


関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索