外銀や外コン、港区エリートたちの行きつけを一挙公開!「港区男子のリアルに通う店」第一弾!

外銀や外コン、港区エリートたちの行きつけを一挙公開!「港区男子のリアルに通う店」第一弾!

「港区は、どこよりもギラギラした人が集まる街です(笑)。お金持ちが多い(集まる)ので、必然的に値段は少し高めだけど、美味しくてサービスも気持ちがいい店が集結しているイメージです」


六本木、西麻布、麻布十番……。この地を主戦場とするのは、外資金融や広告代理店などで働くエリートたち。

今回はそんな港区男子が、どこで男を磨き、どのように艶やかな夜を過ごしているかを総力取材!彼らが教えてくれた、リアルに使える店はここだ!



Q1.「これぞ港区!」といった雰囲気が味わえる店は?
『霞庭まつばら』

西麻布

7年目を迎える和食の名店。「落ち着いた雰囲気の中、ワンランク上の料理と温かいもてなしを提供してくれる店。四季折々の食材の味がストレートに感じられ、自分をリセットできる店です」


Q2.「知り合ってまだ日が浅い…」そんな女性を連れていくなら?
『Lauderdale』

六本木

「相手の自分への関心度が分からない時点では、あまりキメた店で警戒心を煽らないようにしたいので、コスパがよく、クローズドではないこの店の雰囲気がいいと思いました」



Q3.「もう、俺にぞっこん!」そんな女性を連れて行くなら?
『西麻布けんしろう』

西麻布

牛肉に精通したオーナーシェフ岩崎健志郎氏による高級焼肉割烹。「“ぞっこん”なら、“新規獲得”の意欲より“関係維持”という目的意識が強くなるので、美味しくてインスタ映えする店に連れて行けることが武器になる。中でもこの店の看板メニュー『けんしろう焼き』は女子ウケ必至です!」


Q4.「絶対に盛り上がる」お食事会ができる店は?
『RIGOLETTO BAR AND GRILL』

六本木

スタンディングで気軽に楽しめる13mのバーカウンターや、東京タワーを望む個室もあるスパニッシュイタリアン店。「大箱で値段もリーズナブル、雰囲気もよく、お食事会や二次会向き。飲みやすいのにアルコール強めなロングアイランドアイスティーのデキャンタは、みんなで酔っ払えて盛り上がります」



Q5.「男ひとりで行っても様になる」おすすめの店は?
『すし処 宮葉』

浜松町

創業は文化文政、江戸時代から8代続く鮨屋。「席数が少なく、周りにガヤガヤ感がないので、ひとりでも浮かないし、本当に味がわかる人が集まる店なのでむしろひとりがカッコイイ」


Q6.「港区での失敗談」があれば教えてください!
「店のリサーチをしなかったために…」

「私のリサーチ不足で、某カリフォルニア料理店のデート利用は失敗でした。店自体はよい店なのですが、本家のステーキハウスをイメージして行ったので、ワイガヤ感が気になりました」


「キラキラ女子とギラギラ男子の駆け引きが面白いのが港区。街にも店にも人にもオシャレさと派手さがあり、可愛い子が集まるから、つられるように男も集まって競争になって、好循環ですよね(笑)」



Q1.「これぞ港区!」といった雰囲気が味わえる店は?
『WAKANUI GRILL DINING BAR TOKYO』

芝公園

東京タワー前のゴージャスな空間に、毎夜魅力的な男女で賑わうレストラン。「港区のランドマーク・東京タワーが目の前に立つ絶好のロケーションながら、気取らずに利用できる店なのが◎。料理が美味しく、酒も旨く、また少人数でも大人数でも楽しめる店です」。ニュージーランド産ビーフ&ラムは必食。


Q2.「知り合ってまだ日が浅い…」そんな女性を連れていくなら?
『魚輝』

六本木

「日が浅いとお互い気を遣ってしまうので、『うにいくら土鍋飯』をはじめどんな人にも喜んでもらえそうな料理があるのでおすすめです。六本木という立地も◎ですね」


Q3.「絶対に落としたい!」本命の女性を連れて行くなら?
『APPIA本店』

広尾

「天現寺橋交差点近くの隠れ家レストランです。雰囲気がかしこまっておらず、でも料理や素材がワゴンで運ばれてきて好みに合わせて選べるのが楽しく、相手とも打ち解けられます」


Q4.「男ひとりで行っても様になる」おすすめの店は?
『Si』

広尾

1日10人限定のプライベートレストラン。「木曜、土曜のアラカルトデーなら、男ひとりでも利用しやすい。素材を大切にし、野菜が美味しいのでサラダが食べたくなる店です」



Q5.「絶対に盛り上がる」お食事会ができる店は?
『創作料理 日いづる』

六本木

サプライズが多いことでも知られる創作料理の店。「ドリンクをおかわりするごとにグラスのサイズが大きくなり、巨大な金魚鉢や長靴のグラス、LEGO容器などが登場。だから次のグラスを見たいがために、全員で飲んで盛り上がるんです(笑)」。男女ともに満面の笑顔になれる、通いたくなる店だ。


Q6.「港区での失敗談」があれば教えてください!
「深夜のカラオケバーにご注意!」

「とあるカラオケバーで、他の客同士の喧嘩が警察沙汰になってしまい、酔いも冷めてすっかり微妙な雰囲気になってしまったことがあります(苦笑)」


外資金融マンが、誰かをアテンドしたくなる店って?

「私にとっての港区は、ひと言で言うと、自分が行くより人をアテンドしたい店が多い街ですね。港区に集う男はみんな、どや顔で『ここ知ってる?』って言いたいんじゃないかな(笑)」


Q1.「これぞ港区!」といった雰囲気が味わえる店は?
『TSUBAKI』

西麻布

「深夜にしっかり食べられるワインバー。客層がよく、客としてのレベルも求められる店で、こういうお店を気軽に楽しめる男になりたいと思わせてくれる。これぞ港区という感じですね」



Q2.「絶対に落としたい!」本命の女性を連れて行くなら?
『Riva degli Etruschi』

南青山

2階建ての一軒家レストラン。ヨーロッパにあるような洋館で、トスカーナの伝統を受け継ぎつつ、最新の技法も取り入れたイタリア料理が堪能できる。「季節の食材を独創的に調理した料理はアートのよう。見た目にも美しく、もちろん味もよく、心から喜ばせたい相手を連れて行きたい店です」


Q3.「もう、俺にぞっこん!」そんな女性を連れて行くなら?
『たでの葉 青山』

外苑前

ジビエの名店 西麻布『またぎ』にいた大将が5月にオープン。「全国各地の食材を囲炉裏で焼いてくれます。鮎やヤマメ、蝦夷鹿など、日本の本当に美味しいものを楽しめる店なんです」


Q4.「男ひとりで行っても様になる」おすすめの店は?
『心・技・体 うるふ』

神谷町

上質な和モダン空間で、前九重親方監修のメニューが味わえる。「前九重親方が巡業中に出合った全国の旨いものやちゃんこ鍋・すっぽん鍋が、カウンターでひとりのんびりと味わえます」



Q5.「絶対に盛り上がる」お食事会ができる店は?
『Mancy's Tokyo』

麻布十番

ソファーやトイレ、ベッドなどを備えたラグジュアリーなカラオケルーム。1階はイタリアンレストランになっている。「ラグジュアリーな空間だけで十分盛り上がれる“大人の遊び場”的な店です。が、ソファもベッドも大きいので、よく食べよく飲んだ後は、気付いたらみんな眠りに落ちてました(笑)」


Q6.「港区での失敗談」があれば教えてください!
「通い慣れた店に女性を連れて行くと…」

「お店が悪いわけではなく、気さくなオーナーやスタッフのおかげで盛り上がりすぎると、私含め全員すぐに酔い潰れてしまうので、女性が一緒の時は気をつけないといけませんね」


「港区の街って昼と夜で極端に変貌する。各国大使館もある洗練された街が、夜には色香漂う大人の街に。イケてる飲食店、老舗から最新の流行店まで幅広い店が揃って、全然飽きさせないですよね」



Q1.「これぞ港区!」といった雰囲気が味わえる店は?
『瀬里奈 本店』

六本木

“贅を尽くし・心を尽くす”をモットーに神戸牛一筋のしゃぶしゃぶを楽しませてくれる老舗。「優雅で快適、創業50年を超える歴史をもちながら、バブリー感がたっぷり味わえて、まさに港区らしさがあると思う。洗練とか上質、ゴージャス感のある空間が港区好きな人を惹きつけるのかもしれませんね」


Q2.「知り合ってまだ日が浅い…」そんな女性を連れて行くなら?
『金舌 白金』

白金

白金の隠れ家的な和牛割烹。30日間のドライエイジングで旨味が凝縮された金舌串が名物。「瀟洒な店内ながら、明るくくつろぎやすい空間作りで、相手に気を遣わせ過ぎないで済む。熟成タンや和牛のユッケ、牛刺しなど、生肉を品よく楽しめ、味、雰囲気、コスパのバランスがいい店です」



Q3.「絶対に落としたい!」本命の女性を連れて行くなら?
『けやき坂』

六本木

「『グランド ハイアット 東京』の鉄板焼店で、食材のディスプレイや鉄板での豪快な調理、ホスピタリティとどれも最高。横並び席で食事を楽しみ、デザートでテーブル席に移動する演出もイイ」


Q4.「もう、俺にぞっこん!」そんな女性を連れて行くなら?
『祥瑞』

六本木

「夢中でいてくれる相手なら、出会った当初ほどにはカッコつける必要がないかな、と考えて、カジュアルでくつろぎ感のあるステーキ店を選びました。距離感が近くなる店だと思います」



Q5.「男ひとりで行っても様になる」おすすめの店は?
『MADURO』

六本木

『グランド ハイアット 東京』内のバー。落ち着きがありつつ、何か起こりそうな予感も漂う店。「カウンターでスタッフと語らいつつ楽しめ、また生演奏もあるので退屈しません」


Q6.「港区での失敗談」があれば教えてください!
「雰囲気を重視して選んだら…」

「南青山の、リゾート感を謳う地中海料理レストランに行きましたが、雰囲気ばかりで肝心の食事が口に合わず……。イメージ重視で見かけ倒しな店があるのも、港区あるあるかもしれません」


本日発売の月刊誌「東京カレンダー1月号」は一冊すべて、港区特集!

「港区」を恐れるな!「港区」に飛び込んでこそ、東京が分かる!

夜遊びの頂点「港区」で繰り広げられているすべてが、最新号「東京カレンダー1月号」に!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は11/21(火)!




関連記事

東京カレンダーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索